gulpのパス変数をオブジェクトのプロパティにしてまとめてスッキリさせた

gulpの各dest, srcのパスを個別の変数で管理していました。この方が補完が効くかもしれませんが、js~というパス以外の変数が増えてくると補完対象としては邪魔になるし、srcとdestをもっと統一して管理したいです。

destPath    = './dist'
srcPath     = './src'
jsSrcPath   = srcPath + '/js'
jsDestPath  = destPath + '/js'

そこでsrcとdestのプロパティでパスを管理することにしました。これでsrc.jsとパスを記述することができます。

srcPath     = './src'
destPath    = './dist'

src =
  css:    '/css'
  js:     '/js'
  scss:   '/scss'
  coffee: '/coffee'
  jade:   '/jade'
dest =
  css: '/css'
  js:  '/js'

for key, value of src
  src[key] = srcPath + value

for key, value of dest
  dest[key] = destPath + value

srcとdestの違いを明記する必要がないなら下記のように書いてもいいかもしれません。

srcPath     = './src'
destPath    = './dist'

roots =
  css:    '/css'
  js:     '/js'
  scss:   '/scss'
  coffee: '/coffee'
  jade:   '/jade'

src  = {}
dest = {}

for key, value of roots
  src[key] = srcPath + value
  dest[key] = destPath + value