他の人がブログとqiitaをどう使い分けているか、13個の記事を調べてみた。

調べた結果、qiitaに受けた印象

qiitaは、自分の技術的な記事で繋がるSNSという感じがしました。読者がプログラマーで、反応が得られやすいです。個人ブログで専門的なことやニッチなことを書いても、なかなか人が集まらないでしょう。集まったとしても反応がもらえるかはわかりません。その点qiitaを使えば、SEOもしっかりしており、人の目につきやすいです。

ただ、あーだ、こーだと自分の意見や考えを書かないという使い方が多かったです。qiitaにはSNSの機能はゆるく付いているだけで、一番の目的は、下記の公式の引用通り、プログラミングに関する知識を記録・共有するためなのだと思いました。他のブロガーの方たちは、事実を書くことを重要視されていました。

Qiitaは、プログラミングに関する知識を記録・共有するためのサービスです。
Qiitaとは - Qiita

ブログとqiitaのメリットとデメリット

ブログと比較した時のqiitaのメリットは、アクセス数と反応の良さという意見が多かったです。ブログだと、そのブログを自分で育てた充実感があるのなら、qiitaには誰かの役に立ったという充実感が生まれやすいのでしょう。または、承認欲求が満たされるという言うのかな。

ブログのメリット

  • ブログを自分で育てたという充実感がある。
  • 自由にブログの見た目などをカスタマイズできる。
  • 内容を気にせず、書くことができる。
  • プログラム以外の内容も書ける。
  • 実験的な内容を書くことができる。
  • ひっそりと書くことができる。
  • アフィリエイトが堂々とできる。
  • アクセスがqiitaよりも集まりにくい。
  • プログラムという専門性の高い記事だと、反応が貰える可能性が低い

ブログのデメリット

  • アクセスが集まりにくい。
  • SEO対策を自分でしないといけない。
  • 環境構築などの準備を、自分でやる必要がある。
  • 維持費がかかる場合もある。

qiitaのメリット

  • アクセスがブログよりも多くなりやすい。
  • SEO対策を自分でする必要がない。
  • ブログのように環境構築が必要ない。
  • 記事の拡散性が高い。
  • 記事に対するFB(フィードバック)が得られやすい。
  • ストックで承認を得ることができる。
  • ブログよりも、誰かに見られるという緊張感を持って書くことができる。
  • 読者がプログラマーである。
  • 技術的な記事が集まる。
  • 無料で使える。

qiitaのデメリット

  • 書く内容が技術的な内容に限られる。
  • 反応がもらいやすい分、批判されやすい可能性も。
  • 実験的なことは書けない。
  • 書く内容に対するハードルが、ブログよりも高い。
  • アフィリエイトが堂々とできない。
  • 紹介や告知などができない。
  • サイトの見た目などをカスタマイズできない。

どんな内容を書くのか

qiitaに書く内容は、プログラミングに関することがメインみたいです。後は、プログラマーが関心を持つことですかね。作ったツールの紹介を書かないと言う意見もありましたが、便利なツールなら解説を沿えばありなのでは思いました。便利なツールなら、拡散されやすいが私はいいと思います。既にqiitaに投稿されている、作ってみた系の記事でも500ストックオーバーのものもありました。これだけストックされているのなら、作ってみた系の記事も受け入れられているのでしょう。

作ってみた系のストック500オーバーの例
Qiita - 無料でイントラネット内にナレッジ/ノウハウの共有ができる「Lodge」 - Qiita

紹介記事に対しての意見

「○○を作りました」「○○をリリースしました」系の話題は、Qiitaよりも個人のブログのほうが良い気がします。紹介は知識というよりアナウンスに近いような気がするからです。
Qiitaとブログの使い分け | #interest_ae

ブログに書く内容

  • 日記
  • 自分の考えや意見
  • 自分の勉強記録
  • イベントの告知
  • 作ったものの紹介
  • 技術的以外のこと
  • 技術的だが、実験的な内容

qiitaに書く内容

  • プログラミングに関すること
  • プログラマーが関心を持つこと
  • 事実
  • 客観的な情報
  • 検証結果
  • 作ったツールの紹介

qiitaに投稿するのは、ハードルが高いのでは?

qiitaだとブログよりも自由に書けない分、ハードルが低いという意見もありました。ですが、検証結果ということで、実行結果のログを載せてみるのはどうでしょうか?これなら初心者でも、確実な事実を書くことができます。

投稿後に、成長すれば間違いにも気づけます。その都度、修正・加筆を繰り替えていけばいいですね。

紙の本を書いているわけではないので、「公開=内容の確定」にする必要はない、というのが僕の考え方です。
長めのブログやQiita記事を書くときの、僕なりのノウハウ - give IT a try

コードリーディングの記事はどちらに書こう?

私はコードリーディングをした際に、コメントを残したソースコードをgistにあげています。
impress.jsのスライドを管理する配列

まだかなり断片的な内容なのでgistに上げていますが、どこかでgitリポジトリに変更しようと思っています。このようなコードの解説も、qiitaに上げるといいかなと思いました。私自身がOSSのコードリーディングをしたことがなかったので、こういうものがあると非常に助かりました。

qiitaには連載記事など、記事が複数にまたがる場合は、自分で目次の記事を書き、そこに書く記事のリンクを手動で貼り付けているようでした。1記事1テーマというのが方針で、これはしょうがないのかな。もし、qiitaに書いたとしてもコメントを付けたソースコードは、gitリポジトリでも管理しようと思います。そのリポジトリの紹介を、体系的な解説を含めてqiitaに書くのがいいのかもしれませんね。

プログラマーの知り合いを探すなら、qiitaを活用しよう!

qiitaはストックや、コメントでのFB(フィードバック)もあり、反応が得られやすいです。もし、周りにプログラミングをやっている知り合いがいなく、探している場合はqiitaがいいかもしれません。話題はプログラムに限定されていて、読者もプログラマー。それでアクセスも多く、フォローなどのSNSの機能もあります。技術系の記事を自分のブログで書くより、とても繋がりやすいかと。

ただし、人が集まりやすく、繋がりやすい分、色々な人がいると思った方がいいです。トラブルになりやすい人も見かけたことがあります。私も人のことを言えませんが、qiitaだから他のSNSより安全そうと思い、油断するのは危ないということです。

参考にした記事

  1. 個人ブログとQiitaの使い分け方について考えてみたよ | CreativeStyle
  2. Qiitaとブログの使い分け | #interest_ae
  3. Hatena BlogとQiitaの使い分け方 - NEGOLOG
  4. Qiitaとブログの使い分け方を考えてみた - 趣味プログラマによるOSS開発日誌
  5. #kobitoapp と #qiita とblogの関係について考えた - pblog
  6. For X Developers: 【備忘録の在り方を考える】一週間毎日Qiitaに投稿してわかったこと
  7. 初めてアウトプットしてみたよ! - supermannerの落書き
  8. qiitaとブログの使い分け | Catalion Log
  9. 最近、Qiitaで書いてます: uessay
  10. 頭の整理 - Qiita と Blog と - Qiita
  11. 長めのブログやQiita記事を書くときの、僕なりのノウハウ - give IT a try
  12. 僕がブログを書く前、書くとき、書いたあと - give IT a try
  13. ブログに技術メモする前にQiitaにも投稿しようよ! - 25歳ニートが35万円で上京を企むブログ