ルータは受け取ったIPアドレスを届けるのに、ネットワークアドレス部しか見ていない。そのネットワークに届けるのは、次にどのルートを行けばいいかという自分の隣のことしか知らないのだ。ルータは、あるネットワークに行くためには、自分に直接つながったどのルートをたどればいいのかという一覧表を持っている。この一覧表は手動(スタティックルーティング)か、自動(ダイナミックルーティング)で登録される。

ルーティングプロトコルは規模に合わせて次の3種類がある。

大規模で使われるBGP

border gateway protocol.プロパイダ間で使われる。

中・大規模で使われるOSPF

open shortest path first.

小規模で使われるRIP

routing information protocol.