catch節で指定した例外クラスは、その子孫クラスもキャッチすることができる。そのため、Exceptionクラスを指定しておくと何でもかんでもキャッチしてしまい、具体的なエラーがわかりづらくなる。

catch節は複数記述することができるが、順番があり子孫クラスを先に書かなければいけない。親クラスのcatch節は後にかく。つまり、具体的なエラーからキャッチできるかを判断していくわけだ。